2013年末で、上場株式等の配当や所得などにかかる10パーセントという軽減税率が廃止されました。
そのため、2014年の1月からは本来の税率である20パーセントにも及ぶ税率がかかるようになっています。
高い税率がかかる事によって、資産運用などによって得られる利益というのが2013年と2014年では10パーセントも違いが生まれています。
しかし、2014年から新たな制度というのがスタートしています。
その制度というのがNISAと呼ばれる制度です。この制度を活用する事によって、軽減税率が廃止された今でも、多くの利益を生み出すという事が可能となっているのです。
2013年末よりNISAという言葉がテレビCMなどでも良く登場するようになっており、2014年1月の時点で、口座の開設数は開設見込みを含めて400万件以上と非常に高い数字になっているのです。
それ程までにこのNISAというのは高い注目を集めており、NISA向けの投資信託商品等も非常に多くなっているのです。

こうした制度等を上手に利用する事によって、投資によって得られる利益をより多くするということは、自分や家族の将来をより良いものにする事が可能となっています。
不景気、高齢化、少子化、年金といったような様々な問題を背景に個人間での投資に対する意欲の高まりというのが、NISA口座の要因の1つになっていると言えるのです。

OUT LINK

  • カテゴリーなし
2014年12月
     
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031